正統派の風俗

まさに「幻影」なのかもしれない

幻影を追い求めている…というと格好つけすぎですけど、忘れられない風俗嬢がいるんですよ。Eさん。彼女こそ、自分がここまで風俗にのめり込むことになったきっかけと言っても良い女の子なんですよね。彼女は優しい風俗嬢でした。それまで自分はただ単に女の子に抜いてもらうだけでしかありませんでしたけど、彼女のおかげで風俗が心と心のハーモニーも大切なものだということに気付いたんです。それなりにコミュニケーションを取ることがここまで楽しいのかと。自分でも驚かされたんです。つまりはそれまであまりそういったことを意識してこなかったってことですけど、でも彼女はその後しばらくして風俗嬢から卒業。すると、自分としては彼女の幻影を追うしかないじゃないですか(笑)彼女のような風俗嬢とまた楽しみたい。その気持ちが、自分に様々なものを与えてくれているんじゃないのかなって思っていますし、それがきっと自分の風俗のモチベーションなのかなって。

風俗嬢の判断基準は多々あるからこそ

どんな基準で風俗嬢を選ぶのかは、いろいろなものがあると思うんですよね。判断基準となれば、言うなれば人それぞれだと思うんです。その点は間違いないことだと思うんですけど、個人的に思うのは、風俗ではやっぱり感度ですかね。テクニックよりも感度。これは自分の価値観の中では間違いないことなんです。感度が大切な理由として、感度が良ければその分相手はしっかりと感じてくれるじゃないですか。ということは、それだけで自分も盛り上がってくるんですよ(笑)性癖によりけりだとは思いますけど、女の子が感じている姿を見るのは嫌いではありません。むしろ、いい感じで感じてくれるとそれだけでこっちのテンションだって高くなるし、何をされている訳ではないのに、我慢汁は凄いことになっていくものなんです。それが男ってものじゃないですかね(笑)だから出来れば風俗嬢は感度の良い子であってもらいたいなって思いますけど、そこを見る目が求められますよね。