正統派の風俗

何も問題ないと思うんですよ

風俗って恋人がいても奥さんがいても何も問題ないんじゃないですかね。まぁ許してもらえるのかどうかは別問題としか言えないんですけど、少なくとも自分は恋人がいますけど風俗のお世話になっていますよ(笑)だって恋人相手に要求出来ないことだってたくさんあるじゃないですか。恋人相手にはどうしても気を使う部分もありますので、相手があまり乗り気ではないようなことは要求出来ないものなんです。でも風俗であればそういったことを気にすることなく、自分が楽しみたいことを簡単に要求できるじゃないですか。つまりは自分の本能を思う存分満たすことが出来るってことです。つまり恋人と風俗は、そもそも同一線上にあるものではないってことが分かるんじゃないですかね(笑)同じ路線にあるように見えて、実際には違うってことなんです。だからこそ、風俗では自分が遊びたいことを隠したり抑えることなく、思う存分楽しませてもらっていますし、おかげで欲求不満とは無縁です。

微乳の方がリアルなんですよね、自分には

風俗では時々ですけど、微乳嬢と遊んでいますが、これがまたとってもリアルなんですよね。なぜなら、これまで自分が付き合ってきた女の子がほとんど微乳だからです(笑)だから微乳風俗嬢と楽しんでいると、どうしても昔の彼女たちを思い出してしまうんですよ。そこにあるのは「性的サービスの時間」ではなく「いつか見た微乳」なんです。そこで自分がいろんな気持ちになるのは仕方ないですよね。もちろん微乳ばかりにこだわって風俗嬢を選んでいる訳ではないんですけど、時に微乳風俗嬢と遭遇すると、やっぱり昔のことを思いだすんですよ。そして、やっぱり微乳はいいなと。反応も良いですし、微乳って形が崩れていないというか、崩れる程のお肉が無いので、いつもきれいですよね。そんなアドバンテージがあるからこそ、微乳に対してはついつい思い入れがあるというか、前のめりな気持ちになってしまいがちな自分がいるんですけど、それもそれで楽しいんですよ(笑)